2-17大阪府

御茶道具 小田商店

      
  • 瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの
  • 半使呉器茶碗
  • 瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの | 御茶道具 小田商店

    瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの

    [年代] 江戸時代初期

    高さ8.5cm 口径3.0cm 胴径5.3~6.0cm

  • 瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの | 御茶道具 小田商店

    瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの

    [年代] 江戸時代初期

    高さ8.5cm 口径3.0cm 胴径5.3~6.0cm

  • 瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの | 御茶道具 小田商店

    瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの

    [年代] 江戸時代初期

    高さ8.5cm 口径3.0cm 胴径5.3~6.0cm

  • 半使呉器茶碗 | 御茶道具 小田商店

    半使呉器茶碗

    [年代] 朝鮮王朝時代

    高さ10.0cm 口径13.3cm 高台径5.5cm

  • 半使呉器茶碗 | 御茶道具 小田商店

    半使呉器茶碗

    [年代] 朝鮮王朝時代

    高さ10.0cm 口径13.3cm 高台径5.5cm

  • 瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの | 御茶道具 小田商店

    瀬戸後窯正意茶入  銘あけぼの

    [年代] 江戸時代初期

    高さ8.5cm 口径3.0cm 胴径5.3~6.0cm

    瀬戸後窯に属する茶入で、堺の眼科医であった正意が瀬戸にて焼いたとされる。
    正意の茶入はその姿より初祖、面壁など達磨に因むものが多い。
    この茶入は褐色の地釉に黄褐色のなだれがほんのり浮かび上がる。
    その釉景より小堀権十郎が「あけぼの」と銘を付け、挽家、および箱に書付けている。
    仕覆は銀毛織、唐物繻子地の二種が添う。
    尾州武山家の伝来で、遠州流十三世小堀宗実家元が歌を添えている。

  • 半使呉器茶碗 | 御茶道具 小田商店

    半使呉器茶碗

    [年代] 朝鮮王朝時代

    高さ10.0cm 口径13.3cm 高台径5.5cm

    半使は桃山時代から江戸時代にかけ日本に渡った朝鮮王朝の役官、通辞を指し、その人たちが持参、使用した呉器茶碗を半使呉器と呼んだ。
    中でもこの茶碗はその姿が凛としており、枇杷色の器表には赤み、青みの窯変が交錯し、見どころが多い。

御茶道具 小田商店

  • 住  所

    〒530-8350 大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店うめだ本店7階 古美術ギャラリー

  • 電  話

    06-6313-7568

  • F A X

    06-6313-7568

  • ジャンル

    | 古美術 | 書画 | 茶道具

茶の湯は人の心を豊にしてくれます。
弊店では時代ものの魅力あるさび道具を、多数取り揃えております。


瀬戸後窯正意茶入 銘あけぼの
瀬戸の後窯に属する茶人です。茶入の肌は褐色の地釉に黄褐色のなだれがほんのりと浮かび上っており絶景です。
その景色より小堀権十郎が「あけぼの」と銘を付けました。

皆様のご来店、お待ち申し上げます。